シンガポールにおける仲裁による紛争解決

2013年3月19日

シンガポールにおける仲裁による紛争解決

酒井:いつも多数の国際仲裁案件などを抱えておられて、大変お忙しいところ、ありがとうございます。

フランシス:いえいえ、私としても、多くの方々に仲裁手続の有用性を知って頂きたいと思っていますから、このようなお話の機会を頂けることは、光栄でもあり喜びでもありますよ。

酒井:フランシスさんが所属されているHarry Elias Partnership LLPは、国際的な弁護士評価サイトでも、仲裁を含む紛争解決分野で、上位にランクされていますね。

フランシス:はい、私はHarry Eliasでは、民商事の紛争解決部門のパートナーであり、仲裁部門の首席パートナーでもあります。依頼者の方々からもご評価を頂いています。

酒井:今回は、仲裁(Arbitration)について、フランシスさんとお話しする貴重な機会を頂き、大変感謝しております。フランシスさんは、シンガポールで行われている仲裁を、日本の皆さんにご紹介するのに、最も適任な方の一人だと思っています。なぜならば、フランシスさんは、シンガポールで仲裁人としての資格をお持ちですし、シンガポール仲裁人協会(Singapore Institute of Arbitrators*)の正会員(fellow)でもいらっしゃいます。加えて、シンガポールで多くの仲裁案件を22年にわたって数多く手がけていらっしゃいます。

ところで、多くの日本のビジネスパーソンにとっては、契約書の仲裁条項には仕事を通じてかなり馴染みがあるかと思いますが、実際の仲裁においてどのようなことが行われているかをご存知の方はあまり多くないのではないかと思います。そこで、私の最初の質問は、そもそも、仲裁とはいったいどのようなもので、仲裁の手続では何が行われるのでしょうか?ということです。

フランシス:仲裁とは、裁判所外で当事者が紛争を解決するADR(裁判外紛争解決手続)の1つです。仲裁においては、当事者は、ともに指名した第三者(仲裁人)に紛争案件を委ね、その仲裁人の決定に拘束される旨を合意します。仲裁人は、当該案件の事実と適用される法律に着目し、当事者が判断を求めた各権利に関し裁定(Award)と呼ばれる判断を下します。この裁定は、終局的で当事者に対し法的な拘束力を有します。

 

酒井:シンガポールでは、紛争当事者の多くは、仲裁による紛争解決を求め、裁判所による裁判を避ける傾向にあると聞きました。訴訟と比べて仲裁を選択するメリットはどのようなところにあるのでしょうか?

フランシス:仲裁は訴訟と比べ、以下の4つの点で当事者にとって有利だと思います。

第一に、訴訟の代わりに仲裁を用いることによって、当事者は、時間と費用を節減することができます。その理由は、仲裁における様々な行為のための手続やルールを当事者が選択できる仲裁手続の柔軟性にあります。例えば、仲裁においては、当事者は、関連証人の一括聴取や専門家会議のみならず、事実と論点が明確に記載された“仲裁専用の書面”の使用を求めることができます。これらは(当事者が必要性に応じて使用・不使用を決めることができるため)当事者の時間と費用の節約に資することになります。

第二に、仲裁の強みとして指摘できるのは、国際的な執行可能性です。例えば、シンガポールで下された裁定は、ニューヨーク条約の下、120カ国を超える国々で執行を求めることが可能です。もちろん日本もニューヨーク条約に加盟しています。裁判所による判決と比べ、仲裁による裁決は、外国における執行という面でより容易であるということができます。

第三に、仲裁手続は、非公開で行われます。仲裁手続においては、当事者は、(紛争が公開されることにより)生じる恐れのある社会的評価へのダメージやメディアによる悪影響を恐れる必要はありません。もし、当該紛争が公になることを当事者が望まない場合、公開法廷での陳述を要求する訴訟手続を避けるという選択をすることになるでしょう。

最後に、仲裁手続においては、当事者はその選択に従って自由に仲裁人を指名することができます。仲裁人は、弁護士資格を有する必要はなく、また、正規の法的な修練を経ている必要もありません。代わりに、当該紛争に関する分野の専門家や業界の第一人者であっても構いません。このことは、特に技術的な事柄や高度に専門化した分野に関する紛争の処理において有益です。

 

酒井:(他の国ではなく)シンガポールで仲裁をすることのメリットとしては、何があるのでしょうか?

フランシス:シンガポールは、仲裁の手続の迅速化に非常に成功した国です。例えば、シンガポールでは、仲裁人は、結審から45日以内に裁定を準備しなければなりません。書類提出期間等、仲裁手続において定められている期間は、手続を迅速に進めるために短縮することができます。また、シンガポールは、“緊急の仲裁手続”を世界で初めての制定した国でもあります。この手続では、申請が受け付けられた場合、わずか1日で緊急の仲裁人が指名されます。加えて、シンガポールでの仲裁手続は、組織的に整備されており、賄賂等の不正な働きかけは功を奏しません。

 

酒井:ありがとうございます。紛争当事者にとって、シンガポールでの仲裁手続を利用することの様々なメリットを理解することができました。ところで、関連する契約書に仲裁条項が定められてない場合であっても、紛争当事者は、仲裁手続を利用することができるのでしょうか?

フランシス:そのような仲裁条項が定められていない場合であっても、実務的には、当事者は、紛争が生じた後に仲裁の合意をすることができます。しかし、このような仲裁を利用する旨の合意は、契約作成時において、契約の一条項として契約書に盛り込むことを強くお勧め致します。この理由は二点あります。

第一に、契約書内に仲裁条項が存在していることにより、裁判所での訴訟手続を一般的に排除することができます。実際に、シンガポールの裁判所は、当事者による仲裁手続の選択を承認する傾向にあり、仲裁手続への移行を認めないケースは極めて限定的です。

第二に、契約書中に仲裁の合意が予め定められている場合には、紛争が生じて当事者間の関係が緊迫し又は完全に関係が壊れてしまった場合であっても、仲裁条項の存在によって、当事者は、先の訴訟を考慮して様々な対策を講じる必要がありません。

 

酒井:日本のビジネスパーソンが契約書を作成したりレビューをしたりする際、参照のためにモデルとして使うことのできる仲裁条項はありますか?

フランシス:シンガポールで仲裁のための主要な機関として設置されているシンガポール国際仲裁センター(SIAC**)は、以下の文言を推奨しています。

    1. “Any dispute arising out of or in connection with this contract, including
      any question regarding its existence, validity or termination, shall be referred
      to and finally resolved by arbitration in Singapore in accordance with the Arbitration
      Rules of the Singapore International Arbitration Centre ("SIAC Rules")
      for the time being in force, which rules are deemed to be incorporated by reference
      in this clause.
    2. The Tribunal shall consist of _________________ arbitrator(s) to be appointed
      by the Chairman of the SIAC.

      The language of the arbitration shall be ________________.”

酒井:フランシスさん、とても有益で楽しいお話をありがとうございました。

フランシス:こちらこそ、楽しくお話ができました。ありがとうございました。

 

* シンガポール仲裁機関の詳細につきましては、以下のページをご参照下さい。www.siarb.org.sg.

**シンガポール仲裁センターの詳細につきましては、以下のページをご参照下さい。www.siac.org.sg.

 

Mr Sakai (Nori): Francis-san, I am sorry to bother you today when you are busy
to deal with international arbitration matters and others.

Mr Goh (Francis): Not at all. Don’t mention it. I am really glad to have this
opportunity since I always want many people to know more about usefulness of
arbitration.

Nori: Harry Elias Partnership, a Singaporean law firm which you work for, is
ranked high on the litigation (including arbitration) ranking in several international
websites evaluating law firms, correct?

Francis: Yes. At Harry Elias, I am a Partner in the Civil and Commercial Litigation
Practice Group, and am also Head of the Arbitration Practice Group. My performances
have highly been praised by many clients.

Nori: Thank you for this opportunity to talk with you about Arbitration. I
am sure that you are one of the best persons who introduce Arbitration in Singapore,
because you are a qualified Arbitrator, a Fellow with the Singapore Institute
of Arbitrators* (SIArb), and a lawyer who has dealt with a lot of cases for
about 22 years. By the way, for many Japanese businesspeople, an arbitration
clause in a contract is so familiar, but there are few who have actually been
there. So, my first question is what Arbitration is and what takes place in
the procedure?

Francis: Arbitration is a way to solve conflict among parties out of court,
called Alternative Dispute Resolution (“ADR”). In Arbitration, the parties agree
to submit the matter in dispute to a jointly appointed third party (the Arbitrator)
and to be bound by his decision. The Arbitrator looks into the factual merits
and the law applicable to the case at hand. The Arbitrator then makes a decision
relating to the respective rights of the parties (called an Award) that is binding
and final.

 

Nori: I heard that many parties in conflict in Singapore tend to turn to Arbitration
and to avoid litigation. What are advantages of Arbitration over litigation?

Francis: I think there are four distinct advantages of Arbitration.

    1. First of all, parties can reduce time and costs by using Arbitration instead
      of litigation because of the flexibility for parties to choose the procedures
      and rules for conduct of the Arbitration. For example, in Arbitration procedure,
      a party can call for meetings of experts, witness conferencing and even the
      use of “documents only arbitration” where the facts and issues are clearly documented,
      which translate into savings of time and costs for the parties.
    2. Secondly, an international enforceability is a strong point of Arbitration.
      For instance, an Award made in Singapore can be enforced in over 120 countries
      under the New York Convention. Of course, Japan is included in the 120 countries.
      In this aspect, an Award is can be enforced more easily in a foreign country
      as compared to a local court judgment.

      Thirdly, Arbitration is conducted in private. In arbitration procedure, parties
      need not fear the adverse publicity that might be generated or the negative
      influence of the media. If a party does not want the case to be public, he/she
      would avoid litigation which requires making statements at the public trial.

      Finally, parties are free to appoint an arbitrator of their choice. The Arbitrator
      need not be a lawyer or someone who has had formal legal training. He may instead
      be an expert or industry leader in the field in question. This may be particularly
      helpful for cases that may involve technical matters or a highly specialized
      field of expertise.

Nori : Are there any advantages to choose Singapore as a place for Arbitration?

Francis: Singapore is very successful at speeding up arbitration procedure.
For example, an arbitrator has to make an Award within only 45 days after finishing
the hearing. Many terms in the arbitration procedure such as a period for submission
of documents can be shortened in order to expedite the process. Singapore is
also the first country in the world which has the “Emergency Arbitrator Procedure”
in which an Emergency Arbitrator is appointed within only one business day if
the application is acceptable. Furthermore, Singaporean Arbitration is systematic
and bribery doesn’t work for our system.

 

Nori: I understood there are various merits to use Arbitration when a party
is in dispute. Can such party choose Arbitration without an arbitration clause
in their relevant contract?

Francis: Even if there is no such clause, in practice, parties can agree to
arbitrate after a dispute has arisen. However, it is highly recommended that
an agreement to arbitrate should be embodied in the contract made between the
parties from the outset. There are two reasons. First, the presence of an arbitration
clause in the contract generally precludes litigation in the courts. In fact,
the Courts in Singapore tend to recognize the parties’ choice to submit to Arbitration
and generally will not interfere except in very limited circumstances. Secondly,
with the agreement to arbitrate already built into their contract, it eliminates
the need for parties to have to deal with this aspect when the dispute arises
and the relationship between the parties has become strained or has even broken
down completely.

 

Nori: Is there any model arbitration clause that Japanese business people can
use as references when they draft or review a contract?

Francis: The Singapore International Arbitration Centre** (“SIAC”), which has
established itself as the leading institution for arbitration and provide arbitration
services in Singapore, recommends a Model Clause below:

    1. “Any dispute arising out of or in connection with this contract, including
      any question regarding its existence, validity or termination, shall be referred
      to and finally resolved by arbitration in Singapore in accordance with the Arbitration
      Rules of the Singapore International Arbitration Centre ("SIAC Rules")
      for the time being in force, which rules are deemed to be incorporated by reference
      in this clause.
    2. The Tribunal shall consist of _________________ arbitrator(s) to be appointed
      by the Chairman of the SIAC.

      The language of the arbitration shall be ________________.”

 

Nori: Talking has been very useful and enjoyable, Mr Francis. Thank you so
much.

Francis: Thank you so much. I enjoyed it, too.

 

* More information on the SIArb may be found on their website at www.siarb.org.sg.

**More information on the SIAC may be found on their website at www.siac.org.sg.